借金返済 相談

借金返済の相談ならこちら|本当に解決したいなら

何もしらず、むやみに借金返済の相談をすると損します!

 

借金返済ができなくなってしまった場合に、自分だけでは解決できないですから相談するのはすごく良いことなのですが、その状況って非常に危険な状態なのです。藁をも掴むような状態であるからこそ、悪い人たちの餌食になってしまうことも多いのです。

 

例えば、自分の利益のことしか考えていないような弁護士や司法書士の場合、利益にならない相談者の相談は受け付けないとか、お金がない方から多額の手数料を取ろうとしたり様々です。

 

弁護士や司法書士だからといって全員が全員、正義の味方であるとは限らないのです。すごく残念なことです。

 

このような状況から、借金返済の相談をする相手選びが非常に重要になってきます。

 

良い弁護士さんにあたった場合には、どうすればあなたの借金問題がうまく解決するか、親身になって考えてくれますし、すごく不安な借金地獄の状態でもやる気がでるように仕向けてくれます。

 

自分で命を絶とうと考えるくらい追い込まれている状況で、親身になって借金の返済について考えて相談に乗ってくれる人がいるだけで涙が止まらなくなります。信じられないかもしれませんが、自然に涙がどわーっと溢れてきます。

 

そのくらい信頼できる弁護士や司法書士に相談するべきです。

 

でもそんな弁護士や司法書士を探すのは難しいですよね。住んでいる地域の問題もあったりしますし。

 

 

借金返済 相談

 

そこで最近人気になっているのが、「街角法律相談所」です。

 

このサイトでは、簡単な質問に答えるだけであなたの状況にぴったりの弁護士を紹介してくれます。もちろんあくどい弁護士や司法書士なんて登録されていません。みなさんあなたのことを真剣に心配して最良の方法を考えてくれる人ばかり。

 

相談は無料でできますし、匿名でもOKです。

 

またこのサイトを利用することでどのくらい借金を減らすことができるのかもわかります。大体のイメージをつかむためにも利用してみるといいですよ。

 

 

借金返済 相談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金返済を家族で頑張りました

 

父親の仕事がうまくいかず、母が消費者金融でカードを作ってしまい我が家は100万近くの借金がありました。父はうまくやりくりできていると思っていたので、借金が発覚した後に両親の喧嘩が続き父と母は相談し離婚しました。

 

それから出て行った母を除いて、残された子供達と父とで借金を返済していこうという話しになりました。なぜここで弁護士に借金返済の相談しなかったのか悔やまれます。年金や保険などの未納や、公共料金などの滞納もあり消費者金融で借りた物を返すだけでも、いっぱいいっぱいで自分達の自由になるお金はありませんでした。

 

 

借金返済

 

食費やガスや電気などを、ここまで節約するか!?というほど節約してやっと返済にあてるお金を捻出することができました。

 

その時に辛かった事は、毎日の食事です。食卓にもやしと鳥むね肉が上がらない日はありませんでした。たまにはお魚も食べたい、ブロックのお肉が食べたい・・・など、食べたい物を食べれない事が辛く気分転換にと、友人が食事に誘ってくれた時などが唯一のストレス発散であり好きな物を食べれる瞬間でした。借金返済の相談をしておけばもっと楽に生活できていたのかもしれません。それは今となっては知る由もありませんが。

 

家族みんなで欲しい物などを我慢して、月々きちんと返済を続けた結果、4年ほどで、消費者金融で借りた借金も、国保などの滞納などの未納分も全て返済する事ができました。無事に返済完了した日に、家族で外食にでかけて各々好きな物を食べた事が思い出に残っています。きちんと家族で借金返済について相談し、返済することができて本当に良かったと思っています。これからの人生借金を背負うことのないように生きていきたいですが、もし背負ってしまうことがあれば借金の返済については相談をすることで解決していきたいと思います。

 

 

服の購入で借金をしました

 

数年前から返済を続けていた借金をつい先日完済することができました。友人や家族に相談しまくりました。返済をしている数年間はとても惨めな生活を送っていたのですが、中でも一番辛かったのでは好きな物を購入できなかったことです。

 

 

借金返済 相談

 

普段から月に2万円ほど服を購入していたのですが、それができなくなりました。毎シーズンに発表される新デザインの服を楽しみに待ち、購入をしていたのですが、服を購入するお金がなくなってしまったので、相談の結果、諦めることしかできませんでした。

 

しかたなくノーブランドの服を購入して生活をしていたのですが、服のことが気になりあまり外出することができませんでした。数年間は好きな服が購入できず大変だったので、返済をしたこれからはまた服を購入していきたいです。お金と相談しながらになりますが、ほどほどに楽しみたいな。

 

また借金をする可能性が十分にあるので、月2万円の出費から月1万円の出費に変更しようかと考えています。使えるお金が半分になるのは、ちょっと苦しいですが、あの生活に戻らないためには仕方ありません。肝心の借金をした理由ですが、察しの通り服の購入代金が原因でした。月に2万円の出費は生活を圧迫することになり、大変でした。大変だとわかっていても服の購入を止められなかったため借金をすることになってしまいました。あの時は借金返済の相談をする人がいたので良かったですが、次やるとしたら2回目になります。さすがに相談に乗ってくれる人はいないような気がします。

 

 

借金返済 相談

 

 

精神的から物理的への逃避

 

知り合いの結婚式、突然の病気、突発的な飲みなど、臨時で飛んでいくお金は誰もが経験するところですし、支出と収入のバランスを取るのがいかに難しいかという現実でもあります。そんなときに頼りになるのが身近な消費者金融だったりしますね。

 

私もどうしてもキャッシングを利用しなければならない状況に陥り、いまだに返済中の身なのですが、金利を払うだけで元金の減りは緩やかです。この点に関して怖いと思う部分は、「金利さえ払っていれば、問題はない」と錯覚してしまうところにあります。「金利だけをとりあえず払う」感覚に慣れてくると、悪い事はしていないし、ちゃんと金利は毎月納めているという、ちょっとした優越感にまで発展し、完全に「目くら」状態になります。

 

 

借金返済の相談について

 

そしてまたキャッシングをしてしまい、だんだんと限度額が視野に入ってきます。魔法のようにお金が出てきて、返す時は取りあえず金利だけ払えば良心を傷めないという錯覚になれてくるものです。こういう状態で借金返済の相談に乗ってくれる人がいない場合にはドツボにはまっていきますね。自分ひとりの感覚で前に進んでしまいますので、本当に大変です。相談できるかどうかが凄く重要だと感じました。

 

借り始めのころは、金利の馬鹿らしさに頭を抱える人も9割近くいるとは思います。ただ、この魔法のようなシステムは心理学を上手く応用しています。結果的に継続してしまう状況に陥ります。完済した時点で、解約して、カードを捨ててしまえばよいのですが、完済後もひっそりと財布の奥に潜ませる人は多いのではないかと思います。返済とは心理的に天国と地獄を知る機会になると思います。というわけで、借金返済について相談できる人を身近に一人だけでも用意しておくことをお勧めします。